地球と響き合う音を創造する

鬼無亮仁エンタープライズは、世界の様々な国や地域の音・古代和声を研究し、
そのままではなく今の時代にみずみずしく新鮮に届くようにしなやかに成長させ、
それらを用いた音楽活動や作曲活動、
国境を越えて多くの人と繋がり歌い奏でるコンサート活動を通し、
音楽から生まれるチカラ・共振共鳴・感動で平和な世界を創造します。

わたしが理念で使う「音」とは、現代の音楽だけではなく、
古くから世界の各地に伝承されてきた音楽や歌・声のハーモニーのことです。
最近の科学でわかったこと・・・宇宙の始まりは音ではないかということ。
わたしは、この説に一票を投じる一人です。
私自身の音楽活動の中で、様々な音のチカラの素晴らしさを体験してきました。
音にはチカラがあります。

音叉のように共振共鳴したときに起こるチカラ。
それは人を勇気づけ、自分の枠を超えて奇跡を起こすチカラ。
すべてのつながりに気付く真理のチカラ。

古代の人の生活は、自然とのつながりを人間とは離さずに捉え、人と人とのつながりに和を見い出した【自然との共存・平和的人間関係】が確立されていました。それらは、音・歌の強い関わりから形成されていたことが様々な歴史的文献や言い伝えに記録されています。自然との共存がなされていた太古から脈々と受け継がれて来た音楽には現代音楽には無いチカラが存在する事が分かっています。

・2013年 第一の目標であったハワイ州カウアイ島でのコーラスグループを創る事に成功しました。  現地のグループと、日本のグループによる、私たちの理念に基づいた交流コンサートを開催し、カウアイ島最大のオーガニックファーマーとの交流や、ホクレア号のクルー(伝統航海術スターナビゲーションのみで、ハワイから太平洋を渡り日本に到着した伝説のカヌーグループ)による演奏も行われました。

・2014年 ヨーロッパ方面の音楽の歴史をたどり、バロック以前の民族音楽、クラシックの原点になった人々の歌を学びに、リトアニア、ラトビア、デンマーク、アイスランド、アイルランド、北アイルランド、イギリス、イタリアを旅し、各地でコンサートを行いました。


・2018年 リトアニア歌の祭典Dainu Svente 出演へ向けて、さらに第二の目標である二番目の海外グループ結成・提携に向け準備を進めています。


この地球と響き合う音

この世界をよりよくすることは、本当は簡単です。
ひとり、ひとりが "本当は何が大切なのか、
何が必要なのか" を発見し、
行動するだけで良いと、私は考えます。

きっと、それは私たち人類がこの地球にやりに来た事。


音を通して自然と人間がより深く共生できる世界。
地球と響き合うために、より良い社会を創造するために、
わたしは歌を歌い、教え、仲間と共に奏で響き合う。

そのほんの小さなことにしか思えないことに大きなチカラをみつけた私は、
全身全霊を賭けて打ち込んでいくと強く心に決め、これらを活動しています。